2018年5月、瑞草フェスティバルやイベント、展示会

イシワン個人戦、美しい取引

1

期間 2018.05.06(日)~2018.05.14(月)
場所 ハンガラム美術館第3展示室
入場 全体観覧
ジャンル 展示
価格 無料
主催 イシワン
お問い合わせ 02)580-1300

[観覧時間]
午前11時-午後8時(立場の締め切り午後7時)
※5月14日(月)午後3時まで観覧可能です。

[アーティストトーク]
-5月6日(日)午後2時30分

[展示概要]
‘見えないが、確かに存在していること’に対する話であり、肉眼で確認不可能なことを見るために科学実験室を訪れ、経験したことを美的素材で活用した芸術家の作業過程だ。

[作家紹介】
ソウル生まれで、大学と大学院で繊維芸術と繊維デザイン専攻を履修した。 デザインエプアイ(Designfi)会社を運営、テキスタイル・デザイナーとして活動し、多くのデザインプロジェクトの作業を進めており、染色と脱色技法、デジタルプリント方式の作業で韓国、日本、米国などで展示をした。 博士課程を機に、微生物を活用した作品制作とバイオ・パターンデザインに関心を持って研究しており、現在、漢城大学と白石大学校で講義をしている。

-展示
個人戦
2015’Squinting into View’-fiber4Now/ワシントンの韓国文化院、韓国繊維作家の特別展、個人ブスチョン、米国
2013  The Line Meets a New View-Siwon Lee Solo Exhibition/153ギャラリー、ソウル
2012  2012 KCAF(Korea Christian Art Feast)/小麦美術館、個人ブスチョン、ソウル
2010  Reflection of Forest in Lines and Texture-Textile Expression by Si Won Lee
/サファギャラリー招待展、ソウル
2007`The Moment of The Line’ActⅡ-Motif and Idea Expansion/ボーリンググリーン大学、Ohio、米国
/サム・ヒューストン大学、Texas、米国
2005`The Moment of The Line`-Textile Expression-The 1st Solo Exhibition by Lee、Si-Won
/ガーナアートスペースギャラリー、ソウル

-現在
DesignFi代表。(Textile Design会社)、漢城大学校講師。白石大学校講師

作品数]
設置、レンティキュルロ、映像、プリント、計13~14点。

[作家ノート]
作品で’生命’一つの個別的な形は重要なモチーフである。 これは集まって、新たな形でまた、その形態は規則性を与えられ、美しく強固な構造で表現される。 真菌の特徴と成長過程でも見られた色は原単位に運ばれ、存在の痕跡として残る。

第24回大韓民国、西大戦

2.png
期間 2018.05.10(木)~2018.05.16(水)
場所 、ソウル・書芸博物館現代展示室1(2階)、現代の展示室2(2階)、現代の展示室3(2階)、実験の展示室(2階)
入場 全体観覧
ジャンル 展示
価格 無料
主催 (社)韓国書道協会
主管 、大韓民国、西大戦運営委員会
お問い合わせ 02)580-1300
後援/協賛 文化体育観光部/ソアム書道文化館
[観覧時間]
午前11時-午後7時(立場の締め切り午後6時)
※公募展展示は1部、2部に分けて展示され、
実験室の新展示は5月10日から16日まで続きます。

1部の展示期間(5月10日~5月12日)
5月10日(木)は午後3時-午後6時(立場の締め切り午後5時)観覧可能
5月12日(土)は午前11時-午後3時(立場の締め切り午後2時)観覧可能

2部の展示期間(5月13日~5月16日)
5月13日(日)は午前11時-午後7時(立場の締め切り午後6時)観覧可能
5月16日(水)は午前11時-午後2時(立場の締め切り午後1時)観覧可能

[展示紹介]
社団法人韓国書家協会(化粧金永基(キム・ヨンギ))が主催し、文化体育観光部が後援する第23回大韓民国、西道世界大戦に計1400点あまりが出品され、550点余りを選定。

社団法人韓国書道協会では2018年第24回大韓民国、西大戦を開催することに入賞者550人余りのうち、対象1人:賞金700万ウォン。優秀賞3人:三禁各200万ウォン特選上11人:賞金各50万ウォン。オチェサン、三体上、特選・入選若干名を選抜して展示する計画であり、すべての審査科は、実名採点制で図録に公開された。

社団法人韓国書道協会ではこの23回の間、書壇の発展のために毎年入賞者20人余りに計1800~3000万ウォンずつの創作支援金を支給しており、透明性を図るため、審査実名採点の公開制という制度を1回から23回まで実行させてきた。

韓国書道サトゥク別電34<明斎尹拯>
3

期間 2018.03.29(木)~2018.05.13(日)
時間 11:00-20:00
場所 、ソウル・書芸博物館の常設展示室(3階)
入場 全体観覧
ジャンル 展示
価格 、成人(万19歳以上)5,000ウォン/青少年(36ヵ月-万18歳)3,000ウォン
主催 芸術の殿堂
お問い合わせ 02)580-1300

[観覧時間]
午前11時-午後8時(立場の締め切り午後7時)
※休館日4/30(月)

[、現場売票所の運営時間]
午前10時40分-午後7時
*位置:芸術の殿堂・書芸博物館1階のロビー

[文化がある日]
-毎月最後の水曜日は文化がある日!(4/25)
-入場無料(現場売票所で無料チケット受領後展示場の入口提出)
-割引適用期間:イベント当日午前11時-午後9時(立場の締め切り午後8時)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s