【瑞草おすすめ道]皮千得遊歩道

321

作家の名前を冠した遊歩道が瑞草区盤浦川辺に造成された。

瑞草の幸せを聞かは、ここをそのまま通り過ぎることはできないでしょう?

皮千得先生はソウル大学で零時講義を開始して1974年までに教授として勤務しており、彼の文学は時よりエッセイを介して光を放ちました。彼のエッセイは、日常の生活を身近で美しく歌詞のように表現する、叙情瞑想エッセイの代表作家として評価なりますよ。皮千得先生は頒布アパート団地の開発初期の1974年から2007年5月、世界を去るまで34年の間に、瑞草区頒布アパートに住んでいました。

27

瑞草高速ターミナル5番出口から2分ほど直進すると、

24

皮千得生きたままでは出てきます

ここ皮千得遊歩道は皮千得記念と牡丹美術館から寄贈された皮千得先生の「左上」と是非「この瞬間」、エッセイ「縁」の全文を盛り込んだ「本造形物」が建てられています。

28

ちなみに、ここでは自転車進入禁止だから周辺で停車をかかけて来なければならいます。

28

1122

22

6677

このような時に関連造形物を一緒に観覧出来ます

それでは、私と一度歩道を歩いて見ますか?

2

天気も良く、風と澄んだ空気が第嗅覚をそっと刺激します。

20

恋人たちがしばらく休んで談笑を交わして木陰の下に休息行くベンチも用意されています。文字通り皮千得遊歩道の一点!

9

33

もっと過ぎてみると半分フォーチュンが見えます。景色一度美しくないですか?文字通りARTという言葉しか頭にそっと浮かばないですか?

16

しばらく日光を避けて行くことができる霜フル番小屋もあります。

26

散歩を終え、すぐここでの友達タルンがも利用可能です。

もう少し進むと前回の紹介差し上げたハミングウェイロードと続いてジニー是非行って見れホウおすすめ致します!散歩も楽しみ皮千得先生のエッセイも楽しんで見ましょう!

日常の文化という味付けが混ぜ合わせたら幻のコンビネーションの組み合わせではないかと思われます。

282

行き方

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s