2018年10月瑞草祭りやイベント、展示会

44.jpg

芸術の殿堂開館30周年歴代<作家スタジオ>記念展
期間 :  2018.10.04(木)〜2018.10.08(月)
場所 : ハンガラム美術館第1展示室
観覧等級 : 全体観覧
ジャンル : 展示
価格 : 無料
主催 : 芸術の殿堂
お問い合わせ : 02-580-1300
【観覧時間]
午前11時 – 午後8時

[展示紹介]
この展示会は、芸術の殿堂<作家スタジオ>で勉強した美術家たちの集まり展示で、過去10年の間に排出された26人の作家の最新作を見ることができる。これらの作家の特徴は、従来の美術界軟膏や学歴など関係なく、純粋な作業の動機に没頭している。そのため、これらの固定された形式の枠や事故にとらわれない。いざ重要なのは、自分だけの想像力と能力である。さらに内面の深いところに位置している表現欲求だ。
参加作家は、個別でありながら、独特の世界を広げて見られる。これらの創作態度は、私たちの美術界に新たな風を吹き込む契機になることができる。最近の美術界は専攻如何にかかわらず、多彩な履歴を持つ作家が登場している。これは私たちの美術の発展のためにも注目すべきことができる現象である。今芸術の創作は、以前に何を勉強したのかというよりは、今どのような操作を示しているが、より重要である。この点で、ここ参加した作家の作品に注目される。
これらを示すイメージの世界は、現代美術が持つ多様な世界をそのまま反映している。外部に忠実な再現ではなく、内面の表現に興味が大きい。作家個別の経験と理由が溶け込んだ作業が大きな比重を占めているのも、まさにこのためだ。全100点余りに及ぶ応募を通じて、現代美術の多彩さを楽しむことができるだろう。

*参加作家
ガンフイスン、グォンミンジン、ギムギョンリェ、ギムムヒョン、キム・ジョンヒ、ギムチュンが、バクヨウンスク、船水耕、変た、シムスオク、
ヨンムンフイ、ユンヨン、ユンジョンリム、イギョンスク、イ・ヨンスク、イユンフイ、チャン・ユンジョン、ジョンドク者、チョン・ソンヒ、ジョンジンヒョン、
ジョインスク、チェギョンミ、最安順、チェユンスク、ハテ芯、ホンウンギョン(合計26人)

66

2018 KPAM大韓民国美術祭
期間2018.10.04(木)〜2018.10.08(月)
場所ハンガラム美術館第3展示室、第4展示室、第5展示室、第6展示室
観覧等級全体観覧
ジャンル展示
価格無料
主催(社)韓国専門美術家協会
主管2018 KPAM運営委員会
お問い合わせ02-732-9820
【観覧時間]
午前11時 – 午後8時(最終入場午後7時)

[展示紹介]
2018年度社)韓国専門美術家協会芸術祭である「KPAM(Korea Professional Artist Mall festival)大韓民国美術祭>で追求するモール(Mall)は美術市場の意味に加えて、「木陰に覆わ遊歩道」という意味で。美術作品の緑豊かな遊歩道」という意味を持つ。したがって、15回目を迎えるこのイベントは、アートフェア(Art Fair)とアートフェスティバル(Art Festival)を網羅する形の展示で祭りの雰囲気で開催される専業美術家の自生的な複合美術祭である。
2018 KPAM大韓民国美術祭(サブタイトル:「芸術家の生活は、ウィンドウのそして熱情」)は、元老、重鎮、中堅、若手有望専業美術家たちの作品を一目で眺望できる表示である。

– 個人ブース前に参加作家48人
– (社)韓国専門美術家協会定期戦に参加作家250人

[作品]
韓国画、油絵、水彩画、彫刻など総750点余り

88

2018マニプソウル国際アートフェア
期間2018.10.11(木)〜2018.10.30(火)
場所ハンガラム美術館第1展示室、第2展示室、第3展示室、第4展示室、第5展示室、第6展示室
観覧等級全体観覧
ジャンル展示
価格成人(19歳以上)8,000ウォン/青少年(13歳-18歳)7,000ウォン/子供(7歳-12歳)6,000ウォン/幼児(48ヶ月 – 未就学児童)5,000ウォン
主催マニプ組織委員会
主管マニプ組織委員会
お問い合わせ02-514-9292
本展示は、期間ごとに分けて行われます。
– 第1部展示期間(10月11日〜10月17日)
* 10月11日(木)午前11時40分から観覧可能
* 10月17日(水)午後5時(最終入場午後4時)まで観覧可能

– 第2部展示期間(10月18日〜10月23日)
* 10月18日(木)午後2時から観覧可能
* 10月23日(火)午後5時(最終入場午後4時)まで観覧可能

– 第3部展示期間(10月24日〜10月30日)
* 10月24日(水)午後2時40分から観覧可能

[現場の切符売り場の営業時間]
午前10時45分 – 午後7時
*位置:ハンガラム美術館1階

[展示紹介]
ギムグァジャン、展示場に行く日!

国内外の現代美術を一堂に鑑賞することができる展示のマニプソウル国際アートフェアは、[ギムグァジャン展示場に行く日!]とサブタイトルで、3つのパートに行われます。様々なジャンルの作品をリーズナブルな価格で所蔵することができる美術品愛好家に有益なアートフェアで現場に作家が直接参加して観客たちと一緒にコミュニケーションし、誰でも簡単に快適に楽しむことができる芸術の祭りです。

本展示は、招待作家250人の作品3千点が出品さ販売されます。
韓国代表作家電の国内元老と重鎮作家招待企画展。現代美術の多様性と実験性・創造性など新しい感覚とトレンドを披露、50代以下の作家を招待した現代美術展。 2017マニプ勝者外歴代受賞者記念招待展。韓国美術の代表作家100万ウォンの特別展で構成されます。

【参加アーティスト】
1部:マニプ121人/ 2部:アートソウル35人/ 3部:韓国構想大帝の祭典94人

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s