被联合国教科文组织列为世界文化遗产的“朝鲜王陵献仁陵”

这次瑞草快乐天使踏访了“朝鲜王陵献仁陵”~首先是文物厅对献陵和仁陵的有关说明的介绍。献陵是朝鲜3代国王太宗(在位1400至1418)和(1365年至1420)元敬王后的坟墓。身为太祖李成桂的第五个儿子,帮父亲设立了朝鲜王朝。 镇压了第一和第二次王子之乱后,在靖宗2年(1400)继承了王位。不仅整顿了土地和税收制度还改革了军事制度,并且崇尚儒教,镇压佛教等对国政全方面的改革,成就了朝鲜初期的民生稳定。太宗的夫人元敬王后是骊兴府院君闵霁的女儿,她的支持成为了太宗登上王位的很大的力量 … More 被联合国教科文组织列为世界文化遗产的“朝鲜王陵献仁陵”

Advertisements

[ユネスコの世界遺産] 朝鮮王陵の献陵とインルン”

献陵は朝鮮3大太宗(在位1400~1418)と遠景王后閔氏(1365~1420)の墓である。

太祖・李成桂の5番目の息子として父親を助けるため、朝鮮王朝を立てた。 1・2次王子の乱を鎮圧し正宗2年(1400)に王位を継承した。土地と租税制度を整備し、軍事制度も改革し、儒教を崇めて仏教を抑圧するなど国政全般の改革を断行して、朝鮮初期の民生安定を成し遂げた。太宗の夫人である遠景王侯ミンは余興府院君閔齊の娘であり、太宗が王位に上がるまで大きな力となった。 … More [ユネスコの世界遺産] 朝鮮王陵の献陵とインルン”