[ユネスコの世界遺産] 朝鮮王陵の献陵とインルン”

今回瑞草聞かは朝鮮王陵献陵とインルンに行ってきた。

4

一度文化財庁の説明に沿っ献陵な陵の紹介です。

3

献陵は朝鮮3大太宗(在位1400~1418)と遠景王后閔氏(1365~1420)の墓である。

太祖・李成桂の5番目の息子として父親を助けるため、朝鮮王朝を立てた。 1・2次王子の乱を鎮圧し正宗2年(1400)に王位を継承した。土地と租税制度を整備し、軍事制度も改革し、儒教を崇めて仏教を抑圧するなど国政全般の改革を断行して、朝鮮初期の民生安定を成し遂げた。太宗の夫人である遠景王侯ミンは余興府院君閔齊の娘であり、太宗が王位に上がるまで大きな力となった。

献陵はサンルンに墓の下の部分が屏風石で囲まれ、墓の形式は、太祖のゴンウォンルンに続いた。各墓に12カーンのナンガンソクをレイアウト相互に接続し、墓の前には良席と守護石・ムンソクイン・魔石を配置した。墓の前の石物は高麗時代のヒョンルン・貞陵、朝鮮時代のフルンのように望柱石を除いては、それぞれ一つずつのより備えている。丘の下には、丁字閣があり、飛脚を立てた。

インルンは23代順調(在位1800~1834)とスンウォン王后金氏(1789~1857)の墓である。順調には11歳に王位に上がった年齢が幼い頃大王比である貞純王后金氏に政治を世話されることで外戚による政治が極に達し、社会が混乱した。

インルンは墓に屏風石を立てず、12カーンのナンガンソクをヅルロトた良席と魔石・上席・望柱石を立てた。丘の下には、2つの墓石を立てた。

108

143

到着して入ると、まずインルンが見えます。インルンは朝鮮23代女性の早期皇帝と皇后の陵です。

2244他の王陵と同じ形であり、ジョンジャガクワその右飛脚そして遠くの丘の上に封墳があります。

78

墳丘はすぐに上がらはできず、遊歩道に沿っていくと上がるの長さに見えます。接近はなくて正面の姿は見ることができないのは残念です。

献陵とインルン違いは、ボンムンの規模と形式の違いです。ホンルの封墳は、誰が見てもグンワンのミョチュムなると予想されるのに十分な規模が大きく派手なものに比べて

22578

規模の面ではかなり小さくなります。

2278

インルンにマンダリンて短く説明すると

朝鮮の第23代の王順調とその非順ウォンワン金氏の合計陵です
坡州の陵(人造)の左側にあった風水が良くても、哲宗ときここに移してきたします。

12駐車場もあり、駐車場を心配する必要もありません。時間巨大ウシルとき、ユネスコの世界遺産にも観覧し散歩コースとしても最高なので訪問おらおすすめ致します。

世界遺産朝鮮王陵献陵とインルンに行ってきた瑞草聞か〜以上の紹介を終わります。

行き方

86

公共交通機関をご利用アプリケーションにおいては、代表的に

江南駅5番出口を出た後にストップが大道路が中央にあるので、横断歩道を渡って新以降

500-55を搭乗いただきホンイン農場の停留所で下車いただき位地図通り歩いて向かいます!

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s