ギャラリーin Seocho

こんにちは皆さんに幸せを広める幸せ伝道師ハッピーウイルス瑞草観光情報センターです

1.jpg

その間私達が信じられないほどの多く言及して紹介した方背42道です。今回は前にたくさん見ていた入り口ではなく、反対側の入り口に入ってきました。

今回の冬を迎え方背の間の道に集まっているギャラリーが新しく充実した展示に林立

再訪問しました(今後も良い展示があれば合間をぬって訪問皆さんにお知らせ差し上げようとします)

47

まず、過去の訪問時に見ていないギャラリーので、一度訪問したいという欲求がセムソトんですよ!

スズメが工場をそのまま通り過ぎる順なかったためか?

46

方背42道にはこのように予約を先にしなければなら観覧することができるギャラリーがかなりありますので、観覧前に必ずご予約をお願いします!私たちの瑞草聞かようホトタンをチシミョンないなろうか?そうですよね?^^

観覧をしたかった惜しい心を後にしてバルゴム音を移動します。

17

まず、前に訪問したギャラリートーストを再び訪問してみました。

21

<展示紹介>
ギャラリートーストは2018年11月17日(土)から12月05日(水)まで、「微細な震え_ベクスジョン個展」を開催する。作家は個人的な経験から感じた人間の不完全さを最近になってメディアにその範囲を拡大して作業する。今回の展示では、自分の主観的な視点で再解釈した社会的争点に関心を持って具体化して、これらを単に消費してしまわずに文字メッセージを送信する。
私たちは、ウェブサイト、snsなど絶えずさらされ​​ている膨大な量の画像を消費して、その中の一部だけを覚えている。作家はこのように破片化された記憶に自分の感情を介して新たな画像に再構成する。キャンバスに移されたぼやけた画像は、慣れながら見知らぬ感を与え、観客の内面に微細な震えがイルギル望むようだ。
今回の展示を通してあふれる社会的な課題を軽く消費することなく、人間の不完全さについて洞察することができる時間になるように期待する。文/ギャラリートースト


Blue Dots_60.6×45.5cm_oil on canvas_2018

<作家ノート>
私の作業は、主に個人的な間接的な経験をもとに、人間の不完全ハムイラは、アイデアを具体化することから出発する。物性を利用した人の身体や顔のイメージ的変形、歪みを介して人間の本性を視覚化したり、人間の不完全さを示唆している画像を収集して、画面に再構成することで、これを表現しようとする。ここで収集された画像は、ほとんどメディアやソーシャルメディアで生産されて消費されること時代の課題を代弁する。

今日、私たちは、多くの画像に絶えずさらされ​​、膨大な量の画像を消費する。国境の境界を越えて場所と時間を問わず迅速に画像が循環されている環境の中で、現代人は、自分が見た画像を記憶しておくことができず考え出しても、その一部だけをかすかに覚えている。このように現代の多くの画像は、フラグメンテーションされる。

53.jpg

ソース:http://gallerytoast.com/

よく見ると後ろから人のシルエットが見えます。影と立体表現がインパクトがあります。

54

色味が色とりどりの堤防にかけておいてたい欲望の噴出口が活火山溢れ出るようにあふれ出てきます!

5960.jpg

大きな作品よりミニフレームの大きさの作品が多数林立ました。

62

61

最も印象深く見た作品の両方

政治風刺なのか正確に作家が何を伝えしようとしてわからない最も印象深く見二つの作品でした。第2映像のように拍手が自然に出てくる〜

– ここで、次のギャラリーに進むが見ますか?

16

今回初めての訪問であるギャラリーは「ギャラリー機体」です。

展示紹介

Mitsunori Kimura、Jaeyoung Lim、Jin Han
Before Form
2018. 11. 6 – 2018. 12. 1


ギャラリー機体は今年の「没入とバランスImmersion vs Balance “、完成と未完成の間Completion or Incompletion」に続く第三の企画展で光則木村、イムジェヨウン、韓進作家が参加する「形式前before form」展を開く。前の二つの展示が作家の仕事方式、プロセスの関心から始まるとすれば、今回は「テーマ」自体に焦点を当てている点が全く違う。

このような理由から、今回の3人展のテーマ「形式前」は、作家の作業に内包された特異点に注目する。大きく見ると、各作品は、社会化前の状態や、言語以前あるいは言語外の形状や主観的経験、記憶と関連付けられる。また、目につくのは、絵画、彫刻などの形式自体を対象化し、メディアを理由か、実験に重量を置くより一定の形式を選択中のテーマを具体化して、深化することを、より大きな課題にしている点である。

一次的に美術形式さらに作業過程や方法自体も美的な理由の対象とすることは、現代美術作家が持ってた責務だ。これはまた、形式の事由が社会や芸術の文脈で作家の思想、関心、態度、感覚などを可視化するためのステージの役割をどのような方法を前提にすると、いわゆる空虚の沼-60年代ミニマリズムの極端な終着地が私たちに確認させたかのように – に該当しないことを同時に意味する。ただしこの辺での指摘には、任意のトピックの設定はすぐにそれに対する意志の方向や、重さを言うものではない点である。

今作家の作品を見てみると、光則木村(b.1983)は、立体、浮き彫り操作で木をつつくした毛の形を生命、すなわち生と死を象徴する手段として強調する。また、人間を原始人や動物の姿と混合された類人猿に描かことにより、本質的」関係」あるいは「存在自体」の作家的関心を深め露出する。これはかなりの部分、彼の個人的な経験に接している。親の離婚で幼年以降経験した持続された関係の不足、成人になった後、家族を設けるながら持った肯定的な変化、そしてこれとは別にに抱くれる独立した自我の渇望がそこに混在する。

イムジェヨウン(b.1986)の絵の中のスペースを満たした形状は、一見舞台上の一場面、事件のように絡み合って、特定のの壮大を構築しているように見える。しかし、少し探ると、一つの壮大で脈絡消去されずただ一つ一つがそうあるだけで、その形状が持っている元の言語的指示、意味すら完全に一致していないことを知ることになる。したがって形状は認識システムの抜け穴をかたくなに食い込ん言語システムで定着されず、その境界を表回すか、滑る。さらに著者は、画面に実装し会話の物理的な完成を執拗に追求するよりも、は、その方向を示すように、提示する線で止めすることで、その効果をより一層倍加する。

韓進(b.1979)は、作家の記憶、経験に関連付けられた場所を繰り返し訪問し、また、一定の期間滞在し、執拗に再感覚で、再理由である。また、彼はそのような作業的なアプローチの中心的な要素として音やリズムを選択するが、美術を開始する前に、長い間、音楽を専攻していた作家の履歴と強く関連付けられる。このような理由絵画、図面の形式で描いた「非現実的風景」は、明らかに感覚され、存在するが、言語の外から手につかない主観的経験、感覚そのものを形象化する。

最後に今回の展示の企画意図を再整理すると、「形式よりも前」前は、まず美術の両極端なアプローチを前提とするのではなく、作品のいくつかの側面を探るための有機過程で設定されたものである。また、これは、最終的に作品を眺める無数の基準にもかかわらず、空虚な形式実験や虚しい直観の表出に偏らないようにする柔軟な均衡点がどのようにできる場合があるのか​​という質問を含んでいる。

出典:http://www.gallerykiche.com/site/bbs/board.php?bo_table=2_1&wr_id=47&sca=1-2

韓国の作家さんたちだけでなく、日本の作家の作品も展示中でした。

12

3

2

芸術の奥深さと〜久しぶりにこんなにギャラリー外出をしたらヒーリングになりますね。

最後にご紹介するギャラリーは

26

ギャラリーウェルです。

42

地下にあるものとは異なる

入口に進入したら明るく宮殿です。一見すると家庭のような感じも充満します

1

ナムジョンヒョン作家の個展が開かれていました。

4.jpg

韓国的な美強く私たちの生活で見ることができる食器、家具などをメインに作品に表現するのが驚きました。

6

11.jpg

珍品名品が考えガーナは高麗青磁が描かれている作品!実際、ここのギャラリーは、快適で豊かな家庭のような感じに展示されている作品も家庭に調味料をよく混ぜ合わせた感じです。

12ギャラリー鑑賞を終え、いつの間にか離れる時がドゥェトウルとき撮った写真です。前ここが入り口だった反対側から歩いてギャラリーを鑑賞して出てくるので、ここでEXITね!今回の12月の冬の方背の間の道ギャラリーで作品を鑑賞してきれいなカフェでコーヒーも飲んでヒーリングタイムいかが?

★行き方★

地下鉄内防疫7番出口から300メートルほど直進すると、すぐに見えます!

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s