2019年1月、ソウルフェスティバルやイベント、展示会

除夜の鐘打鐘行事2018

除夜の鐘打鐘行事は、毎年12月31日、ソウル市普信閣では、今年の仕上げて新年を迎える意味を込めて、市民と一緒に進行されている代表的な新年の行事である。他種のイベントは、33回の鐘を打ちながら大幅に国民の健康と幸福、平安、国家繁栄、祖国統一などを起源、個人には新年の安寧と幸福を願いという意味を含んでいる。

今年のイベントのスローガンは「「100年の歓声が、明日の響き」「でタジョンシクのほか、事前の参加プログラム、式典公演、新年祝賀公演なども一緒に進行される。

[イベント内容]

事前イベント:本イベントの前に、10万個の希望ギャラリーフェスティバルラウンジ運営

式典:開式宣言、主題公演、他種の挨拶紹介、現場市民インタビュー

タジョンシク:他種、2019希望の響き、新年の辞

食後イベント:祝賀公演

[プログラム]
2018終わりフェスティバル:10万個の希望ギャラリー除夜祭ラウンジ運営

歓声は響きになる:開式宣言/歓声は響きになる(トピック公演)/他種挨拶紹介/現場市民インタビュー

2019希望の響き:タジョンシク(カウントダウン、他種、市民参加スマート他種)/2019希望の響き(映像)/新年の挨拶

明日に広がっていくの100年の歓声:100年の歓声明日の響き(歌手祝賀公演)

開始日2018.12.31
終了日2019.01.01
電話番号02-542-2695
ホームページhttps://www.facebook.com/2018seoulhappynewyear
住所ソウル特別市鍾路区鍾路54
主催ソウル特別市
利用料金無料

国立劇場の庭遊び – 春風が来る2018
[ イベント紹介 ]

4年連続完売!ミョンブルホジョン!

2018-2019国立劇場のレパートリーシーズン庭遊び<春風が来る>
愉快で小気味よい風刺と滑稽でところだった年末年始の風景を確認変え置かアトドン庭遊びが間違いなく観客を訪ねてくる。 ”イチュンプン展」」を脚色した国立劇場の庭遊び<春風が来る>はイチュンプンのアドリブと小気味よい風刺、耳元でから演奏される奮い立つは、音楽や鼻の下に広がる俳優たちの漫才を生き生きと楽しんで、まるで舞台の中に入っている臨場感を感じることができるだろう。希代のプレーボーイイチュンプンと魅力爆発寄生追い越し、そしてウーマンクラッシュを示す金氏の妻と今年の冬の寒さも忘れてする庭遊び版を楽しむことができる。
内容見る
開始日2018.12.06
終了日2017.01.20
電話番号、国立劇場コールセンター02-2280-4114
ホームページhttps://www.ntok.go.kr/kr/Ticket/Performance/Details?performanceId=265435
住所ソウル特別市中区奨忠壇で59
主催国立劇場
主観国立劇場
利用料金[利用料金]
全席50,000ウォン

第4回ソウルのクリスマスフェスティバル
[ イベント紹介 ]

今年4回目を迎えるソウルのクリスマスフェスティバルは、クリスマスとカラフルなLED照明の作品は、サンタ村、夢の宮殿など豊かな見どころを提供する。市民を冬の童話の中に陥ることソウルのクリスマスフェスティバルに多くの参加と声援ください。
開始日2018.12.08
終了日2019.01.01
電話番号02-904-1159
ホームページhttp://www.seoulcf.com
住所ソウル特別市鍾路区清渓川路41
主催京郷新聞
利用料金無料(希望などは有料)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s