メホン尹奉吉義士記念館

こんにちは〜

瑞草観光情報センターです

今日は自分の国と自分の民族を愛する「愛国愛族」の

精神を学ぶために「尹奉吉義士記念館」を訪問しました。

良才市民の森駅5番出口を

出ると、

「尹奉吉義士記念館」があります

– 観覧案内

– 施設案内図

メホン尹奉吉義士記念館に

いらっしゃれば、

メホン尹奉吉義士の、

誕生と成長過程

メホンという、号を持つように

された理由

農村啓蒙運動を

始めた動機

実際には、尹奉吉義士が 勉強した書籍の

尹奉吉義士の遺品たち

独立運動を

始めた理由と

復興ウォンを

設立になった背景

メホン、尹奉吉先生の

一帯を生々しく感じることができる場所でした。

だけでなく、

メホン尹奉吉お医者様のメールも見ることができました〜

<母への手紙手紙と封筒>

印象深かった

<愛する母に>

<子愛する母に>

<2展示室>でいくと、

1930年代

日本の弾圧の中でも

紆余曲折の末、

中国の上海に到着!

当時、上海はがきも

見ることができますよ〜

韓人愛国団に入団して、

どのような生活をされたか

メホン尹奉吉義士の

足跡を覗き見ることができました〜

また、

韓人愛国団入団過程を詳細に

知ることができます。

加えて、

上海基づき活動の行跡かが

実際、「当時上海地図」に

表示されています

独立運動をしなければならいた

尹奉吉医師深い意志が感じられる詩

– 尹奉吉医師語録の中で

1932年4月29日

侵略者に向けて

「定義の爆弾」を

投げた後〜

日本の警察に

逮捕された、メホン尹奉吉医師

尹奉吉の連行姿が掲載された、

<大阪朝日新聞号外>

最後に、ここで型枠ので

殉国しました

メホン尹奉吉医師殉国に

冷めていった独立運動の活路が開かれる

電話点されており〜

大韓民国臨時政府が

甦りました

これ示し、遺物

<蒋介石遺墨 – 壮絶千秋>

下直後、中国の蒋介石総統が1967年ユン医師遺族に「壯烈千秋(壮絶千秋)」と書いた直筆文字を渡すこともしたが、これ崇高な志を尊重し、永遠ギリという意味です。

<カイロ宣言>

1943年にカイロに会談で、韓国を独立国家として

立てるようにするという内容も含まれていて、12月1日に発表された

<建国の功労フンジャンジュンと、装飾>

第2展示館、最後の場所に

尹奉吉医師のための追悼スペースががあり, ご利用いただけます

喜んで命を

ささげ尹奉吉お医者様には本当に感謝いたします

愛国愛族の精神を

学ぶことができた時間。

(下の写真、良才市民の森駅のメホン尹奉吉医師像)

平日/週末の時間ありましたら、

メホン、尹奉吉義士記念館に遊びに来てください〜

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s