「都心の中の文化的な生活空間」韓電ギャラリー!

1

韓電アートセンターギャラリーはギャラリーや文化教室、インターネットカフェなど、都心の中の文化的な生活空間」として、企業の社会的責任を果たすために、韓国電力の文化事業として運営されているそうです。

2瑞草に、このような良いところが!

第4回人∙D、チーム、個人戦とピツルペツルラプソディ – 足音が大きい子供第14の回転時には進行中だとして行ってきました〜

3

前回の電気博物館を紹介して差し上げたのにジョンシシルヌン博物館のすぐ下に位置しています。

4入口に入るとすぐギャラリーの雰囲気がぷんぷんしました〜

5カフェも見えました〜

6私は子供の友人の展示が気になってすぐに2症に向かいました〜

階段で上がってくるやいなや入口の作品を見ると展示室の中の作品がより期待された。

8

9101112131415

展示室には、色とりどりの子供たちの作品でいっぱいでした〜

16先生の指導の下で絵を描く子供たち〜

17お姉さん、お兄さんたちの作品を見ながら熱心に何かを描いている女の子〜

展示の作品が多このような過程を通じて完成しました〜

181920

 

壁に書かれた文句がとても可愛くも心に触れたよ〜

まるで子供たちは、芸術家たちの心を率直に表現したようにします〜

21<無題>

22<サッカー大会に遊びに来た友人>

23<私たちの家族>

24<私はなぜここにいる?>

25<私の未来>

26<将来の私>

27<日曜日の午後3時>

28<名探偵チャング>

29<ルネマグリネトゥをこのように>

30<面白いアメリカ旅行>

31私は子供たちの作品を見ながら

一方で、心がとても温かくし

表現が可愛すぎて

私も知らないうちに笑いが出ました〜

また、作品を見ながら多くのことを考えさせました〜

 

3233

34

人-D選定作家 – ホファ作家の個展です〜

35

39

本当のグリーンの花が生花より美しいと感じる瞬間でした〜

 

36

37

作品を見ながら春の気配を受けてかどうか気に花のようでした〜

40人-Dのチームです〜

41チェミスク作家の<人生>、<思い出>

作品<人生>を見ながら、私は私のおばあちゃんの顔が浮かびました〜

まだ幼い私には人生が何なのかと思うまだ早いか分からないが、私は作家の作品を見ながら親近感と美しさを感じました〜

<思い出>を見ても、私は迫り来る美しさを感じました。

私にも思い出はそういうものです〜

42ジョンウンハ作家の<歓喜>

色彩がとても美しく、タイトルのように、自然に気持ちが良くなるようで

個人的にも好きな作品です〜

43イヒョンジェ作家の<窓の外に見える風景>

44老化の定義<愛の光>

45ジョンユンヨウン作家の<自分のビクメン>

それなり現実への深い洞察と風刺があるようで、しばらく眺めた作品です〜

46金正淑作家の<harmony>

47ヤンウン作家の<今の時代は何を求めますか?>

他にもユニークな作品が多かった〜

48残念ながら2月の展示は終わったが、3月のも、様々な展示がありますので、たくさんご利用ください〜

行き方:

49

最近のような日の良い日家におらず、

「都心の中の文化的な生活空間」である韓電ギャラリーに来て楽しんでください〜

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s